ハミング教授のオンライン発音・英会話が良い6つの理由

1. クオリティーは通学と一緒

実はオンラインは、通学とほとんど変わりません。

2. Save your time

語学はマイペースで進めるからこそ継続できます。

オンラインレッスン中なら

ちょっと 退出 OK
子供の子守り、宅配便とご挨拶 (もちろん bathroomへも)

そして、あなたの時間で、レッスン動画をみて、ピンポイントで学習できる学習履歴も見れるので、効果的に学習が進められます。

3. 一番大事な口元

この3つの口を にこっと笑いながら でも 声はださず動かしてみてください。

海外のファーストフードで

声をださずに

注文できたんです。お水が!
って実験した生徒さんがいました。

オンラインでは、自分のしゃべっている英語が録画できるのはもちろん先生の口と音も、こうやって録画もキャプチャーもできるからお得!

4. ネイティブを前にすると度胸がない!

日本人がみんなもっている「控えめ」、素敵なことだけど、自然な英語を使うためには、邪魔するときもありますよね。
「間違っててもいい、どんどん話せばいい!」って言われるけど、やっぱり度胸がないんですよね。

大人になればなるほど、難しかったりします。
その度胸をつける方法は・・

「発音がいいねって褒められた」
「What?と聞き返されることがなくなった」

こういう経験だけでも英語を話す度胸がついたり、英語学習を続ける意欲が湧いたりするものです。逆を言えば発音のせいで英語が通じなかった苦い経験が、英語コンプレックスの引き金になることもあります。

ハミングの講師は発音のプロです。

ハミング教授のオンライン英会話で学べば、自分の伸ばしたい英語力とともに、あなたの英語の自信となる発音も身につけることが出来ます。

5. 発音なんていらない、単語並べればいい??

本当にそうでしょうか?

英語は4技能必要 でも、まずは読み書き、リスニングって思っていますか?
実は、「音」を身につけることで、リスニングが伸びるし、読み書きも上達するんです。

そして何よりも 「音」は 話す力を高めることができる。
音を中心に学習したら、話せるようになるんです!

サウンドコンサルタント ジュリアン・トレージャー が (世界中のメディアでも幅広くとり上げられ TEDカンファレンスでも高い評価を受けています。)

“Sound Business”では

「言語コミュニケーションの大部分を占めるのは、何を言ったかではなく、どのように言ったかだ。イントネーション、調子 音色 ベース 音量 ピッチ 、この道具が、話す力を高めることができる。」と強調しています。

“We all instinctively manage our delivery to communicate much more than our words are saying.
We all need training to become masters of our voices.
The voice is essence.
Accents can be a problem in business. A very strong regional or national accent can simply get in the way of communication, making it harder for people to understand what’s being said and creating scope for misunderstandings, errors and conflict.”

TED カンファレンスでは

「声域」
ほとんどの方はのどから声を出しますね 。でも もっと重みを加えたいなら もっと下の 胸から出します。

「声色」
なめらかで 温かみのある声が好まれます。
息づかいや 姿勢 練習によって あなたは 見違えるように 声質を改善できるのです。

「韻律(プロソディー)」
抑揚や 言葉に意味をそえるメタ言語で 、これこそ会話の醍醐味です 。ずっと同じ調子で話されると 聞く気が起きませんね 。韻律がないからです 。

「ペース」
とても速く話すと すごく興奮している 感じになります 。一方 ゆっくり話すと 強調できます 究極的には よくご存知の 沈黙です 。ちょっと沈黙したからって何も問題はないでしょう? 「えーと」とか「あー」で 沈黙を埋める必要はありません 。沈黙には すごい力があります。

「ピッチ」
感情の高ぶりは普通 「音高(ピッチ)」と テンポで表現しますが、 実は音高だけでも可能です。音高を変えると 少し違う意味になるでしょう。

「声量」
とても静かに話すことで 注意を引きつけられます 。

6. なぜ、英語・発音が苦手だった日本人講師!?

発音矯正トレーニングを受けた日本人講師?
英語と発音ならネイティブの方が上でしょ。

本当にそうでしょうか?

日本人だからこそ日本人の発音上達のコツを身をもって理解しています。英語習得に苦労したからこそ、そのコツを体得してます。そして、発音が難しいと感じたことのある日本人だからこそ、根気強く教えることが出来ます。

また、レッスン中に疑問に思ったことや要望など、すべて日本語で伝えることが可能なので、英語初心者でも安心してレッスンを受けて頂けます。

もちろん説明も日本語ですので、レッスンの内容がはっきり理解できずモヤモヤしたまま終わってしまったということも起こりません。

ハミングでは、まず、呼吸の訓練や、口・舌のストレッチからスタートして英語の話すための口を作ります。
正しい口の形を作れるようになったら、1つ1つの音、そして単語、文を練習していきます。大事なのは、耳から入る音だけに頼らず、目で「口の形」「舌の位置」を確認することです。
はじめのうちは口の筋肉が堅く、なかなかうまく口を動かせないこともありますが、これにより音真似による一時的な発音上達ではなく、様々な単語や文に応用のきく、日本語環境下でも忘れない「英語」を身につけることが出来ます。
たった一言 Hello の音が違うだけで、恥ずかしさはなくなりますよ!